2016年07月13日

AKIRAと傲慢と偏見とゾンビ

ハリウッド版AKIRAの2009年時コンセプトアートの動画が出ていたので、チラリと見て来た。
動画冒頭に大友AKIRAの映像の一部が流された上でのコンセプトアートだったのだけれども、映像世界の明るいブレードランナー或いは時計仕掛けのオレンジのような、あの近未来感。サイバーパンク感。
AKIRAを実写にしたら確かにこんな感じかもな、と思いつつ、映像画面が暗くないので、見やすい、というか。
分かりやすい。
2009年の時にここまでのものが出来ていて、二転三転しつつも凍結・中止ではなく実現の為に動いているらしいという事は希望を持って期待したい。

そして、傲慢と偏見とゾンビ。
話題になったのはこれもいつだったか。
ようやく9月に公開が決まったそうで。
当時自分が得ていた情報とストーリーが違う気がしたのだけども、自分の勘違いだったのか?
原作小説があるし、製作開始してからシナリオが変わることはない(と思う)から勘違いなんだろう。
ウォームボディーズでもそうだったけど、ゾンビと戦う女性が主人公の恋愛映画ということで。
なんていうか、恋愛においての主人公は男性よりも女性なんだな。
男性が主人公だったら恋愛は一先ず置いといて、ゾンビと戦ってから考えよう。ってなりそうな気がするし、実際そうなることが多いんだろうな、と。

AKIRAはともかく。
高慢と偏見とゾンビの公開は今から楽しみですな。
posted by 永井 晶 at 08:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。